「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!【プチ認知療法】

記事一覧

下園 壮太(しもぞの・そうた)

下園 壮太(しもぞの・そうた)
心理カウンセラー

陸上自衛隊衛生学校で衛生課隊員(医師・看護師)にメンタルヘルス、自殺防止、カウンセリングなどを教育中。

防衛庁のメンタルヘルス検討会の委員にも選抜されたこともあり、カウンセリングセミナーを開くとまたたく間に満席になってしまう。

現在、最も講座予約の取れない心理カウンセラーとして有名。

数多くの本が出版され現在も精力的に活動している。

下園先生は自分も「うつ」になった経験に基づき、

今までの認知療法とは違い、

誰でもどんな人でも実践できるよう独自のプチ認知療法を構築。

著書を通じて数千人もの人に力を与えてきました。

 

数多くの本が出版され現在も精力的に活動

このサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

うつ病で悩む人がとても多いから。

そして、その悩みを克服してもらうためです。

「うつ病を克服するって言うけど、そんな簡単なものじゃない!」

とあなたは思うかもしれませんね。

でも安心してください。
 

これまでいろんな人のうつを克服するお手伝いをしてきました。

10年以上うつで苦しんでいる人。
睡眠薬を飲んでも2時間おきに目がさめる人。
毎日襲ってくる不安におびえている人。
復職と休職を繰り返している人。
何度も自傷行為に走ってしまった人。
何度も再発を繰り返している人。

実は、うつから抜け出すことは、あなたが思っているよりもずっと簡単なことです。
世の中のうつで苦しんでいる人たちのほとんどが、自分で自分の首をしめているだけなのです。

誰にも分かってもらえない

自分が「うつ」状態ということは、誰にも分かってもらえない・・・

こんな悩みを持ったことがあるかもしれません。

「うつ」は、外から見てもいたって普通の状態に見えます。

なんら普通の人と変わりません。

現在「うつ」で苦しんでいることを会社の人も、周りの友人、親さえ理解してくれない。

そんな悩みを持っている方が多いのが事実です。

本当は、内面では辛い症状に対して戦っているのに。

内面では傷つきやすくなっていたり、不安に悩まされていたりするのに。

「うつ」になったことは決して恥ずかしいことではありません。

心の強い人だって、楽天家の人だって誰でもなる可能性があるのです。

TVで「うつ」は心の弱い人がなるものだ!と無神経なことをいう人を見たことがありますが、原因は別のところにあることを知らないのです。

私の“うつ”も治りますか?

今この手紙読んでいるあなたは、薬を飲んでいるかもしれません。

カウンセリングを受けているかもしれません。

でも、頑張っているのに改善が見られない・・・

自分に自信をなくしている状態かもしれません。

しかし、下園先生は、長年にわたり多くのクライアントと一緒にうつと戦ううち、その「頑張り」が逆にうつを悪化させていることに気づいたのです。

言い換えると「頑張る方向」が違うのでうつが治らないのです。

下園先生は、上手に頑張るための方法をまとめ、「プチ認知療法」として世の中に紹介してきました。

下園先生の多くのクライアントがプチ認知療法を取り入れ、ぐんぐん改善に向かっているのです。

きっと、このお手紙が、あなたの“うつ”を克服する大きな一歩になるはずです。