うつ病 ほんとは言いたいことがある

先日 オオカミあかねの破局話に
「別れてるけど連絡は取りあってて繋がってはいる」と書いてありましたがもう とらないようにしました。

中途半端に繋がっても 安心感や癒されるどころか余計に辛いだけで 繋がるとまた以前の幸せだった頃に執着してしまうし現実は そうはいかないから結果 悲しくなるばかり。だから連絡取らないようLINE、電話ブロックしました。 
振り返れば、寒い冬も 毎週 週末は豊中に行ってました。隙間風のはいる 
ボロ一軒家は 寒くて ブルブルお風呂も うちの自宅の広いお風呂とは違って豊中ハウスのは狭いし 帰りはまた自宅まで遠い道のりで乗り換え3回。別れた今思えば 寝るだけでよく あんなに毎週通ってたなぁーとちょっと 思いますが(笑)(行きは いつも彼のお迎えでした♪)遠くても寒くても寝るだけでもそれでも 心が温まる豊中のお家が大好きで 週末はそこで過ごすのが私の癒しでした。あの頃毎週 お仕事頑張れたのもそんな週末の癒しがあったからだと思います。古いお付き合いの
たぬたぬとか 私のことをよく知ってる方は分かると思うけど私って元々 めんどくさがり屋で移動とかも苦手、一人で知らない場所に行くのもイヤで「遠いからやだー」「ここまで迎えにきてー」「交通費くれるー?」と心開けば わがまま女です(笑)そもそも 昔から 男性が好きではなく仕事柄 どうしても打算的となりお金として見ちゃう感じだったので(こんな子で ごめんなさい)お店で出会ったお客さんが 恋人になるなんて当時は、なかなかないことでした。そんな私も 彼と出会って恋をしてからはすごく変わって自分でも驚くほど恋する乙女となり(はずかしい!)意外と尽くす部分もありました。以前のブログでは 彼のほうが ぞっこんよー、彼は 私の言いなりどMよ~みたいな感じで載せてたからお恥ずかしいけど 私も それなりに彼にメロメロぞっこんでした(笑)だから周りは、びっくりしてたね。
2年前に起こったポチじぃやたぬたぬしか知らないネタがあるんですが、自分の人生変える勢いで つっぱしった事件もありましたね10代の頃からの私を見て 過去も全て知ってるたぬたぬには「打算的じゃなく本当に 純粋に恋しるね高校生が恋してるみたいやわ」と言われてました。そう、こんな私が自ら 彼のもとに電車乗り換えて会いに行ったり 怖い夜道を頑張って歩いたり、彼 これ喜んでくれるかなぁ?と何か買っていったり 最優先したりいつも彼のことを考えちゃう自分がいたしお店とか行っても「あ、これ彼 好きなやつだぁ」とか写メとったり常に頭に浮かぶ感じ。恋をするって こういうことなんだぁと思った。自分の時間もお金も惜しまず相手に捧げれること。そして 彼もきっと同じで(そう 思いたいw実際お金は彼のほうがいっぱい使わせちゃったかも)私が好きなものを買ってきてくれたり用意してくれてたり 私のために本当に手間かかることをしたりたくさんの時間を私に使い いっぱい尽くしてくれてたよ。あの頃は 本当に幸せな日々で愛情 感じることもできました(*^_^*)彼の存在はありがたく 今回 初めてこんな事態になり 1週間 連絡とらず離れただけでも 辛く悲しく 「こんなことしてくれた、あんなことしてくれたなぁ」と一人で考え存在の大きさに気づくことも沢山ありました。ありがとうって最後に電話でも伝えましたが伝えきれないほど思いはありました。(今は 最後の嫌だった記憶が頭に残り モヤモヤ感も出てきてますがw)元々 彼は感情を出さない不器用な方でしたが一緒に居る時の 笑ったときの自然な笑顔とか 本当に楽しそうにしてくれてるのが伝わる瞬間とかも嬉しいものでした。私も よくやる愛想笑いではなく 本当に心から笑える、素でいられる相手でした。そして仕事柄 人を信じれない私は彼に対しても あれこれ疑う発言をしたり不安感をぶつけたり、試すような行為で愛を確かめたり仕事のストレスまでもぶつけて本当に めんどくさい女だったんですが 彼はいつも大きな器で私を受け止めてくれて安心感をくれる本当に優しい大人な方でした。優しさはいつも行動に現れてたの。私はそのお父さんのような優しさが大好きで安心してお付き合いすることが出来てました。で、今回 そのお父さんのような優しさが突然なくなったのです。 3月中旬?あたりからなんですがいつもみたいに私が拗ねたLINEをしても今までなら「ごめんね、ごめんね」と追いかけてくれてた優しい彼が 私を無視したり放置したり おまけに突き放す感じになったんです。今まで、私のために、すごくマメにくれてたLINEも一気に減っていき 彼はその理由を「うつ病になって今は余裕がありません。今までみたいにあかねちゃんの相手をする器がない。少しほっておいてほしい」と。しかし私は あまりに急な変化にびっくりし「なんで?なんで?LINEぐらいできるでしょ?もう好きじゃないの?好きなら打つぐらいできるよ」と彼を すごく責めてしまいました。それがきっと良くなかったんでしょう。二人の関係はますますギクシャクしていきました。そして私は わけわからなくなり「別れるわ」と言いました。いつもの喧嘩なら 翌日には 「あかねちゃんが、居なくなったら寂しいよーごめんねーブロック解除してよー」と必死に謝ってくれてた可愛いMの彼がなぜか今回は 追いかけてもきません。それでまた私は「なんで連絡してこんのよ」と言うとそっけなく「あかねちゃんが別れると言うから受け入れた」って言われ「なにそれ?終わりでいいわけ?なんなの?それ。その程度?好きじゃないんだね、やっぱり!」とまた言い合い、それの繰り返しだった。彼も 微妙な態度ばかり繰り返し急に優しくなったり、また次の日冷たくなったりするから 私はそのたびに「あ、やっと戻ったかな?」と嬉しく思ったり 「やっぱり、ちがう、だめだ。」とまた落ち込む日々。そんな感じでずーっと1ヶ月 ギクシャクしてました。彼は病気が原因だと言うけど私は 何か他の理由があるんじゃないかとどうしても疑ってしまい 不安感に襲われついつい言い過ぎてしまうし 本当にうまく、いかなくなりました。信じたいけど信じられないそんな感じだった。私の勝手な予想では、、、他に気になる人があらわれた、あかねちゃんに飽きてきた、元嫁さんと復縁?自然消滅を狙ってる??などなど妄想は膨らむばかりで彼いわくそんなふうに思う私がレベル低いってまた怒られました。「病気 病気」「眠い」「忙しい」ばかり言われ そっけなくされ、なのに 毎週「今日は飲み会に行ってくる」と飲み会は増えてて それで「飲み会は いけるんかい!?おかしいやん」と 
責めてしまう自分が居ましたさらに夜中3時まで飲んでることがあったのでますます不信感それがちょうど「別れるわ」と数日間 連絡とらなかった時で私は寂しくなり3日後に電話してしまったんですが(バカでした。)彼も同じく寂しい気持ちで居てくれてるかなってちょっと思ってかけたら、なんとガヤガヤうるさい飲み会中で、、、それが夜中までだったから私は「そういうことか、、、私が邪魔で冷たくして離れさせ 毎日飲んだり遊んだりしてるのかも。。」と疑ってしまいました。彼の言い分は「飲み会は 楽しいから。」と、、私は 邪魔扱いで 会社は楽しいんだなぁと悲しくなることばかり言われますます、わからなくなり。そして 私が責めたら なにかと 「しゃーないやん病気やねんから」で「それに 振り回され不安になっちゃう私の気持ちにもなってよ」とお互い 言い分がちがうし
話になりませんでした。私自身は お付き合いしてる間、確かに彼には甘えすぎててヒステリーに当たり散らしたりひどい部分がありその件は反省もしました。もうちょっと思いやりを、もって付き合いたいな、大切にしなきゃと思いやり直したい気持ちで寄り添ってたんですが彼は 変わらず 「今は 前みたいには相手出来ない」と言いきり、LINEは2、3通事務的で、電話は一応くれるって感じでした。そんな中でも 小さな優しさを感じることはありました。まぁ、本当にウザかったら彼ならきっと ブロックしたりするとは思うんです。都合良くキープしたりとかわざわざめんどくさいことはしないタイプ。 だから本当に病気で余裕がない中これでも一生懸命してくれてるのかな?と信じたいところでした。でも なかなかうまくいかず 彼も曖昧な態度をするからやっぱり私は 不安になるばかり。すれ違いの日々でした。話はもどり仲良かった頃の冬の記憶では
彼のワンちゃんが様子おかしくなった時は 自分のワンちゃんのように心配しちゃって亡くなったときも本当に悲しかったです。今でも写メ見てたら当時を思い出すしまだ生きててほしかった。クリスマスワンちゃんと待ちぼうけプレイや、亡くなったあと私のハンバーグを盗みにきた怪奇現象も忘れられません。これがいい!って言ったクリスマスケーキやプレゼントを用意してくれた あの頃は本当に優しい彼で幸せだったなぁと、振り返れば 今との差に辛くなりました。去年から この冬にかけては 特によく一緒に過ごし、沢山の思い出があったような気がします。

404 うつ病 Not Found

【自分流の生き方で幸せを掴むカウンセリング】こんにちは、上土井好子です。(詳しいプロフィールはこちらです。) 昨日のサンドセラピーは、中学生や大人の方(男性女性)が参加されました。ひとりひとり全然違いますよ。少しだけご紹介したいと思います。  この方は毎月来られている方です。自分の家から箱庭で使うものを毎回持ってきてくれます。  いつも、いろんな仕掛けとかがあって楽しいんです。箱庭のおもちゃたちと一体になって遊んでくれます。左上の木の椅子の前のひよこちゃんは、落とし物を拾っているところ。ちゃんと木の椅子の下には、貝殻があるんですよ。   この方は川を作っていったのですが、途中でせき止められています。  でもお聞きするとそうではなかった。ちゃんと地下でつながっていました。どう流れているかはご本人もわからないそう。ちょっと意味深ですね。何気なく作ったのに、それぞれにちゃんと意味があったそうです。   この方の最終的な箱庭はこちらです。  最終的と言ったのは、話しているうちにどんどんおもちゃをいらないって取っていっちゃいました。 ちょっと私が後で再現したものなので、少し違うところがあるかもしれませんが、最初はこんな感じだったんですよ。  あっ右上のモミの木忘れてる(-_-;)何か空白があるとさみしく感じていたのが、いろいろ話しているうちになくてもいいのに気付いて、空白もさみしいという気持ちからすっきりした気持ちに変わっていきました。    この方は砂を力強く固めていたのが印象的でした。  その背中から何かに必死で打ち込んでるというか作ってる感じでした。しっかりした土台を作りたい、そう思ったそうです。この島のてっぺんの鳥居と鹿の場所、すごく清らかで神聖な感じがしました。   守秘義務があるので、どんな内容かはお伝えできませんが、本当に心の状態を表してるなって思います。そして、何度やっても同じ箱庭を絶対つくらない。そりゃそうです。人はずっと変わり続けているんですからね。 次回のサンドセラピーは6月3日(日)です。①13:00~ ②14:30~ ③16:00~ ④19:00~ 場所 塩屋オフィス
参加費 5000円(お子様も箱庭をする場合はお子様お一人につき3000円になります) ※各時間帯は通常定員一名様です。※お友達同士で受けたい方はその旨お伝えください。※お子様連れOK お申込み・お問い合わせはこちら≫  カウンセリングメニュー≫≫カウンセリングのお問い合わせ・ご予約≫≫ ◆関連記事サンドセラピーで箱庭を作ると何がわかるの?<6月23日>【サンドセラピー】箱庭の作り方を大公開!サンドセラピーは実は箱庭療法なんです。箱庭療法とは?  悩みをだれかに話した時、こんな体験をしたことはありませんか?・話を途中で遮られ、言いたいことが最後まで話せなかった。・相手目線のアドバイスばかりされた。・「そんなこと言ってないで、前向きに」と話の途中で言われた。 私は大学や様々な機関で心理学やカウンセリングを学び、心理相談を仕事としています。つまり、人の話を聴くプロなのです。相談者のお話をとことんまで聴きます。その上で、その悩みに対して多角的にアプローチしていきます。 カウンセリングメニュー≫≫カウンセリングのお問い合わせ・ご予約≫≫  ご相談内容うつ病・双極性障害・摂食障害・発達障害
パニック障害・アダルトチルドレン
子育ての悩み・親子関係・夫婦の問題・恋愛の悩み
人間関係の悩み・自信が持てない・不倫の悩み
仕事に行くのが辛い・買い物依存症
感情をコントロールできない(怒り・不安・気分の落ち込みなど)自分らしい生き方をしたい・など カウンセリングを受けられた方のご感想≫≫ 営業時間: 
10:00~21:00
(当日予約OK)
21:00~23:00
(前日まで要予約)

電話予約 9:00~20:00
TEL 078-753-5213
メールでのご予約 24時間受け付けておりますカウンセリングメニュー≫≫カウンセリングのお問い合わせ・ご予約≫≫ 神戸市垂水区塩屋町1丁目1-12
サンビレッジ塩屋206号室 匿名での電話相談 ボイスマルシェ≫≫ 流産・中絶への罪悪感を手放し、穏やかな心を取り戻すカウンセリング(55分)≫≫流産・中絶の悲しみから立ち直り、前に進むためのカウンセリング(110分)≫≫   3つの無料メール配信中【ホントに大丈夫? あなたの心のお疲れ度をチェック!】 8問の質問に答えるだけで、 今どれくらい心が疲れているかがわかります。 疲れたなって思ったとき 今すぐチェック≫≫  【無料メルマガ】*疲れたこころを癒す心(しん)習慣* 心がしんどいとき なんとなく毎日がつまらなくないとき 楽しく充実した毎日を送りたいとき 未来に向けて何かをしたくなったとき 心の栄養補給としてお読みください。
 登録後、すぐに確認メールが返送されます。 メールの「下記のリンクにクリック下さい」を クリックしていただくと登録完了となります。 届かない時は迷惑フォルダーをご確認ください。 PCからのメール配信拒否をされている場合は、 olive@cs-olive.com からのメールを許可する設定に変更してください。  お申込みは≫≫
 
【無料メール講座】負の感情が最高の味方になる秘訣 **************************  第1回「怒りは本当の気持ちをつかむチャンス」  第2回「不安が自分の枠を広げる」
  第3回「虚しさは許しへの入り口」
  第4回「罪悪感から信頼を学ぶ」
  第5回「負の感情の苦しみが成長に変わる」
 ************************** 登録後、すぐに確認メールが返送されます。 メールの「下記のリンクにクリック下さい」を クリックしていただくと登録完了となります。 届かない時は迷惑フォルダーをご確認ください。 PCからのメール配信拒否をされている場合は、 olive@cs-olive.com からのメールを許可する設定に変更してください。  お申込み≫≫   
にほんブログ村
人気ブログランキング  


うつ病 関連ツイート

僕は君を魔法少女になるように勧誘することはないけど…まさかうつ病を治したいっていう願いで魔法少女になろうとはしないよね?
 2018/04/24 11:06 qbutu
RT @hossymemo: 誰もわかってくれないとか嘆きながら、わかってもらうための努力を放棄してたんです。

それから私はもうやめました。

自分の好きなように生きようと決めました。

本当の意味で、うつ病が治り始めたのはここからじゃないかな。

最近の不幸
・PCが完全に壊れる
・ベルトが壊れる
・鞄壊れる寸前
・スマホが水没
・祖父ちゃんが亡くなった

これ以上不幸なこと重なったらうつ病なりそうだわ