うつ病をリーズナブルな通販価格でお届けします

若者のうつ病離れについて

【コントロールできてないと気づいた】
先述の『加藤忠史先生からのお願い』の記事を記していて気づいた・・・。
<理化学研 精神疾患動態研究チームから> 
●【精神疾患の中でも主として『重症で頻度が高い』】【『二大精神疾患の一つ』である、『双極性障害(躁うつ病)』】
→(【双極性障害は『重症かつ高頻度』の『二大精神疾患の一つ』!】=【決して安易な疾患ではなく、様々な障害が訪れてもおかしくない!】)
●双極性障害は【躁・うつの『病相を繰り返すことにより、社会生活の障害を来す、重大な疾患』】であり、
→(【躁・鬱と病相エピソード再発ばかりで不安定だと】=【社会生活障害を来すから『重大な疾患!』】)
●【少なからぬ患者さんが、再発を繰り返してしまいます】
→(安定していて社会生活障害に至らない患者もいるが→【エピソード再発(躁・鬱)を繰り返す患者も多い!】=【社会生活障害を来す!】)

この冒頭文面を記していて、おれは明らかに、
【コントロール不良患者】
である事を認識した。
クリニックへ受診すると、他の双極性障害患者さんの処方薬がわかるが、
一番多いのが【気分安定薬1剤】と眠剤程度。
次は上記に【非定型抗精神病薬が追加】された処方だ・・・。
おれのように、ベンゾジアゼピン系多数、抗うつ薬多数、副作用緩和多数で、1ヶ月分合わせると『コンビニ袋(大)がパンパン!』こんな患者さんは見たことがない・・・。
この多数のお薬には、理由があり追加されていったのだが、これだけのお薬を持ってしても、昨今は、
【不調(出来る事の減少)】
が起き初めている事に気づき始めた・・・。
(おれの双極性障害は確実に『慢性進行』してきている・・・)
そう!『双極性障害と診断』が付いた患者さんは、
【おれのようになってはいけない!】
のである!(悪い事例) 
但し、おれの場合【双極性障害の診断】が遅く【単極うつ病誤診で20年以上も抗うつ治療】されていた為に、
【再発を繰り返した!】
というやむ無い事情はあったのだが、やはり、
【双極性障害の再発の繰り返しは怖い!】
今に至っては過負荷【ストレス(ライフイベント)】だけでも【調子を崩す】・・・
再発エピソードまで至らなくても、
『あれ・・・?またレベルダウンしたような・・・』
と、以前は出来ていた事が出来なくなり始めている。気のせいではなく・・・。
例え、今後病状が安定しても、
『思い切り120%楽しむ!』
これはもう出来ない・・・。
何故ならば、上がった気分(躁転ではなく)の後、双極性障害でなければ、
『ニュートラル』
に戻ってゆくが、双極性障害の場合必ず
【上がったら→落ちる(うつ転ではなく)】
この流れをこれでもか!と味わってきただけに、
【思いっきり生きられない辛さ】
が、ここにある・・・。
おれは、ずっと、
【コントロールできてなかった・・・】


うつ病 関連ツイート

洗濯物を部屋干しして少し横になる。朝じゃなく今頃調子悪くなるのがわからん #うつ病 #休職中 #ストレス #調子悪い
認知症と統合失調症、うつ病は同じ神経伝達物質がちゃんと機能できてないという同じジャンルなんだけどまだ広く知られてないんだよね😑😑😑
元薬剤師うつ病患者の抗うつ薬の使用経験談、抗うつ薬の比較。パキシル、サインバルタ、トレドミン、レメロン、リフレクス、レクサプロ、トフラニール、デジレル、レスリン。更に不眠への対応経験、睡眠薬の比較。ドラール、レンドルミン、セロクエル、デパス。